世界らん展

  • 2012/02/29(水) 06:05:31

写真が小さすぎてわかりずらいかもしれませんが、、、



これは、先日まで東京ドームで行われていた世界らん展の会場です。


もう少し近づいてみましょう。



たくさんの方がらん展へ来場されていますね!!


こちらでは、、、、



ランを使った展示作品です。


こっちも、、、



日本には無いランを使っていますが、
和の雰囲気がでていますね。


らん展ではたくさんのランを使った展示作品もありますが、
植物そのもののを審査する部門もあります。



これは、シンビジウムですが、
和の要素が取り入れられた新しいタイプのシンビジウムです。


他にも、、、



パフィオペディラム(Paphiopedilum)です。
面白い花の形ですよね〜。


それから、こんなランも、、、



とっても小さいランです。
デンドロビウムの一種(Dendrobium cuthbertsonii)です。



そして、ことしの大賞作品は、、、、



デンドロビウム(Dendorobium nobile)です。


この他にも、ここでしか購入することができない直売の売店が、100店舗以上あります。
いろいろ珍しいランも購入することができます。

ついつい私もいろいろ購入してしまいました....置く場所がないのに....


                                    (松原)


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!


携帯からは、、、、
この(↓)QRコードからも見れますので、よかったら見て下さいね!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・



セル苗と野帳の会

  • 2012/02/28(火) 07:01:11

  セル苗の出荷準備としまして、まず苗の順化をし、大きさが適切に仕上がっているかが

一番大切ですが、その他に、本数の確認作業も大切な準備の一つです。




注文内容により異なりますが、セルトレイ1枚当たり成苗数として95%以上を保障します。

または、種子持ち込みで発芽した成苗数だけカウントする方法もあります。

出荷直前に、苗が保障どおりか、または、何本あるか確認をします。

カウンター片手に本数を数えます。



この時、話しかける事は厳禁です。

「ちょっとー〜さん、あのー・・・。」

「あー、わからなくなっちゃう。話しかけないでー!!」



はじめから、やり直しになってしまいます。(野帳書き直し)


今回の注文は、種子持込で、発芽しただけの本数ですが、小さいもの、奇形、2本以上1箇所から発芽しているものなどはカウントしません。

適確に判断しながら、正確にカウントされ、野帳に記録されます。

49種類、約2万5千本のセル苗をカウントし先様に出荷しました。

野帳の会は、まだまだ続きます。


 (石井)
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!


携帯からは、、、、
この(↓)QRコードからも見れますので、よかったら見て下さいね!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・