アークトチス種子選、2粒播き・・・補植

  • 2012/01/31(火) 07:01:11

 
 2週間前、種子選別し、2粒播きしたアークトチス(キク科、アークトチス属)が発芽しました。

自家採取の種子だったので発芽率を低くみて2粒播きしたのでしたが、

実際には発芽率が80%以上。





努力の甲斐があって、一か所に2粒発芽したところがいっぱい。

いつもは最高でも40%だったのに。





セル苗出荷のため、ピンセットで発芽してない所に穴をあけ補植と間引きをします。





2粒発芽した所から直根を切らないように、ゆっくりと引きぬき、





根を折らないように、そっと植え替え、



植え穴を平らにもどせば、




出来上がり。

・・・。





でも、まだこんなにいっぱい・・・

発芽率が上がって良かったはずですが・・・

   (石井)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!


携帯からは、、、、
この(↓)QRコードからも見れますので、よかったら見て下さいね!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・



真っ白な植物

  • 2012/01/30(月) 06:00:01

これは、キク科のGaillardia aristataの苗ですが、

なんだか色の違う苗が生えています。






拡大してみると、、、、、





緑色の普通の苗の中に、真っ白な苗が!?


これは、アルビノと呼ばれている現象です。

葉緑素が作れなくなってしまって、
緑色になれなかった植物です。

ときどき枝変わりで出てくる斑入りも、
同じように葉緑素が部分的に作れなくなってできた現象の一つです。


このアルビノは、この後どうなるかというと....

残念ながら枯れてしまいます。


葉緑素がないので、植物にとって重要な光合成ができなくなってしまいます。
なので、、、生長ができなくなってかれてしまいます。

斑入りの植物から種子をとって、その種子を播くと、
アルビノが出てくることもあります。

もちろん、斑入りにもいろいろな原因で成り立っているので、
その植物の斑入り種類によっては、
全くアルビノも斑入りも出てこないこともあります。

動物では、白蛇や白い虎など、
アルビノの現象で偶然出てきたものが、珍重されますが、
植物では、残念ながらお目にかかる前に枯れてしまいますので、
アルビノの個体はなかなか目にする機会がありません。

                         (松原)




〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!


携帯からは、、、、
この(↓)QRコードからも見れますので、よかったら見て下さいね!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・