シクラメンの播種

  • 2010/12/22(水) 06:07:30

今日はシクラメンの播種です。

つい最近までシクラメンの販売をしていたかと思いきや、
もう来年の生産に向けてタネ播きが始まります。


シクラメンの種子は発芽までに、
1ヶ月くらいかかるので、
発芽までの途中で病気にかからないように、
殺菌処理をします。



それから、発芽までの期間が長く、バラバラに発芽してきてしまうため、
植物成長調整剤(ジベレリン)で発芽促進処理をして、
少しでも発芽のタイミングが揃うようにします。




たくさんの品種を作るので、
品種が混ざらないように、
シャーレに品種ごとに分けて処理をしていきます。





あとは、セルトレイに播くのみ!!



播き終わったものは、
台車に乗せていきますが、、、、




台車が何やら、怪しい暗幕で包まれています。

これは、なぜかというと、、、


シクラメンは、発芽のためには光を遮断しないといけないからなのです。

種子の発芽には、
光が必要な植物もあれば、
光があたるとダメな植物もあります。

シクラメンは典型的な後者です。
発芽に光を避ける必要がある種子を暗発芽種子(または嫌光性)といいます。

なので、光を遮るため暗幕を台車にかけています。


さて、、、
播き終わった種子は、
温度を一定にした発芽室に入っていきます。



この中は、シクラメンの発芽に必要な温度に管理されています。
シクラメンは冬の代表的な植物ですが、
発芽には意外と温度が必要で、18~20℃くらいが発芽に必要になってきます。

これで、約1ヶ月程でシクラメンのこどもが発芽してきます。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・