栄養系ペチュニア挿し芽

  • 2010/12/07(火) 06:13:56

今日は、栄養系ペチュニアの挿し芽です。

ウィルスフリーの培養苗(原々種母株といいます)から、

順化を経て、、、、原種母株を増殖し、、、、

さらに増殖母株を作って、、、、

ようやく挿し芽の生産を始める事ができます。


この挿し芽したものはセル成型苗として販売します。

なので、、、
挿し芽が均一にできていないと、商品価値がなくなってしまいます。




石井技官の厳しいチェックが入ります!

まず、穂木の大きさを同じに調整しなければなりません。
これが、結構難しいんです。
この時点で、違う大きさの穂木を挿してしまうと、
最後のセル苗が完成したときに、バラバラの苗の大きさの製品になってしまいます。

こんな感じに...↓




目指すのは、これです↓



生育が均一に揃った苗です!


穂木の調整が終わったら、セルトレイに挿していきます。




きれいに揃っているかな〜?!




挿してから、セル苗が完成するまでは35〜40日くらい。

それまでしっかり管理をしなければなりません。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・