ウィルス対策学生編

  • 2013/09/27(金) 06:00:01

さてさて
この写真はどこでしょう??





正解は…
『学生の実験用植物を置いているベンチの下』でした!!
わかるわけありませんよね(笑)

9/12の記事で苗生産部のウィルス対策について紹介されていましたが、
今日は同じテーマで学生の方にスポットを当ててみましょう。


まず学生にはそれぞれ個人用の『ハサミ・ピンセット・ガスバーナー』などが配布されています。



これは苗生産部の道具と共用しないようにするためです。

学生の管理する植物でウィルスや害虫が発生した場合に同じ道具を使ってしまうと、
その被害が生産物にまで拡大してしまいます。
これを防ぐために徹底した区別を行っています!
作業で使うバケツなども研究室用と苗生産用で別れています。


次にハウスの管理です!
まず基本は掃除と除草です。
冒頭の写真のように、花柄や雑草、土がこぼれていないように心がけています!
床に落ちた花柄や外から侵入した雑草をそのままにしておくと、そこで病気が発生してしまいます。
これを防ぐために、定期的に学生の判断で掃除と除草を行っています。

実験用のハウスは苗生産のハウスと隣接したり、間借りしているところもあるので、とても大切な作業です!


続いては薬剤散布!
これも学生の判断で定期的に行っています。
どの薬剤をどの濃度でどれだけ散布するかも話し合って決めています。
※もちろん薬品庫を管理しているのは技官さんなど職員の方たちですが。

これによって害虫が発生したり、蔓延して生産物に移ることのないように心がけています!!


今の時期は来年のペチュニアの母株などを作っており、
特にウィルスや病気に敏感にならなくてはなりません。


ウィルス対策というものは一人一人の意識がないとなかなか出来ないことですよね?
学生も苗生産部と一丸となって頑張っております!!
またこれを通して栽培管理も学ぶことが出来ています。


ウィルスや病気は日常の何気ないところで広がることがあります。
一つ一つの行動がすべて繋がっていると考えると、何事も気が抜けなくなってしまいますね!

でも自分の行動にどんな意味があるのか…
頭を使いながら意識レベルの高い人間になりたいですね!!
(学生:学部4年 土屋慶輔)




〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!


携帯からは、、、、
この(↓)QRコードからも見れますので、よかったら見て下さいね!


花卉苗生産ブログに関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→お問い合せ

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

ウイルス対策

  • 2013/09/12(木) 06:18:45

おはようございます。



花卉・苗生産部では、種子から苗を育てる「種子繁殖」と挿し芽や取り木などから苗を育てる「栄養繁殖」の両方をおこなっています。




特に「栄養繁殖」の方は植物体に傷をつけることになりますので、
傷口からのウイルス感染には細心の注意を払います。


花卉類のおもなウイルス病には、
TMV(タバコモザイクウイルス)
CMV(キュウリモザイクウイルス)
INSV(インパチエンスネクロティックスポットウイルス)
TSWV(トマト黄化えそウイルス)
IYSV(アイリスイエロースポットウイルス)
BBWV(ソラマメウイルトウイルス)
などがあり、植物に感染するウイルスは、国内では300種以上が確認されています。


おもに、アブラムシやアザミウマ類などから感染することが多いですが、
ハサミや手などの人的要因で感染がさらに拡大します。


ウイルス感染した株は、商品価値がなくなるだけでなく、健全な株または
健全な他の種の植物にまで感染する恐れが有るので、できるだけ早く廃棄します。



以前にもハサミやピンセットのウイルス対策方法をご紹介しました。






ガスバーナー
→http://naeseisan.dtiblog.com/blog-date-20110221.html







オートクレーブ
→http://naeseisan.dtiblog.com/blog-date-20130523.html





しかし、挿し芽などで使用する「道具」はハサミやピンセットだけではありません。



テーブル、椅子、バケツ、セルトレイ、用土、ステンレス製の小さなトレイ、ザル、ラベル、鉛筆、雑巾、ホウキなどなど・・・

様々な道具が必要になります。



全てを「消毒」することはできませんが、

「消毒」できるものは全ておこなう!というのが花卉・苗生産部のスタンスです。




そこで、




アルコール消毒(家庭用のものより少し濃度が高いです)や、






塩素系漂白剤による消毒も行っています。







塩素系の漂白剤には(こちらは家庭用と同じものです)には、主成分として、次亜塩素酸ナトリウムが入っているものを薄めて使用します。
(直接皮膚に触れるとよろしくないので、取り扱いには要注意!)








おもにプラスチック製品には漂白剤を使い、椅子やテーブルなど塩素を使用すると人に害を与えそうなものにはアルコール(エタノール)を使用しています。







薄めた漂白剤をスプレーで吹き付けます(マスク着用・換気は十分に)。

一時間ほど放置した後、水で十分に洗い流し、乾かします。




この他にも温湯(熱湯)消毒や、第三りん酸ナトリウムによる消毒なども行っています。




いろいろな道具を消毒しますが、一番の感染源は「人の」。

作業前はもちろん(必須) 、作業中にもこまめに石鹸でよく手を洗うことが、いちばんの予防になります。風邪予防にもなりますね。




                              (長嶋)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!


携帯からは、、、、
この(↓)QRコードからも見れますので、よかったら見て下さいね!


花卉苗生産ブログに関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→お問い合せ

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・