春の準備

  • 2013/12/01(日) 13:54:59

今朝も自宅の周りは霜で真っ白。
すっかり冬です。

ところで、先日、苗生産部にこんな苗が大量に納品されました。



カリブラコア (Calibrachoa) のセル成型苗です。



まだまだ小さい苗ですが、これから大鉢に定植し、灌水はもちろん、切り戻しや施肥など、様々な作業過程を経て、来年の母の日頃には見事な花付き鉢になって出荷されてていきます。

これから冬本番。
でも、温室ではすでに春の準備が着々と進んでいます。

(金谷)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今年もやります
!!「シクラメン祭2013」
    
      




お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!


携帯からは、、、、
この(↓)QRコードからも見れますので、よかったら見て下さいね!


花卉苗生産ブログに関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→お問い合せ

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・




カリブラコアのスペーシングと摘花

  • 2013/04/25(木) 06:20:13

おはようございます。




今日の実習はカリブラコアのスペーシングと摘花です。












23日にペチュニアの出荷があり、栽培ベンチに少し空きができました。











すかさず、カリブラコアを鉢広げしていきます。


「鉢広げ」と言うと鉢花に限定されるように聞こえてしまいますが、


ポット苗や場合によってはセル苗でも、となりの株の葉と触れ合って、


陽光を求めて競争をし、徒長して形が悪くなるのを防ぐために、


1株当たりのスペースを広げることがあります。



この作業を「スペーシング」と呼んでいます。










スペーシングのあとは「摘花」です。











出荷まであと11日。この間に、現在咲いている花は咲き終わってしまいます。


出荷当日は時間との戦い。特に「出荷調整」という作業は花ガラを取り除き、


黄化葉(古くなって黄色くなった葉など)を取り除き、鉢を拭いたり、箱に入れたり・・・


結構時間がかかります。




この作業を軽減するため、確実に咲き終わってしまう花や蕾はあらかじめ取り除いておきます。










「摘花」にはこの他にも、栄養成長(茎葉の充実)を促進させる意味合いもありますが、


今回の目的は出荷作業の軽減なので、出荷が近くなるにつれて(日に日に)、


取り除く花のステージが異なっていきます。


今回は色のついている蕾も取り除きましたが、来週は「咲いている花だけ」


などと、出荷日を見据えて指示を変えていきます。









というわけで、すっかり緑になってしまいました。


10日後には満開でお願いします。









今日は大変珍しく、教員のツーショットが撮れましたのでアップします。


我らが渡辺准教授(右)と松原助教(左)です。





これからも花卉・苗生産部をよろしくお願いします。



                          (長嶋)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!


携帯からは、、、、
この(↓)QRコードからも見れますので、よかったら見て下さいね!


花卉苗生産ブログに関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→お問い合せ

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・