Argyranthemum frutescens

  • 2011/03/08(火) 06:17:18

Argyranthemum frutescensというのは、
マーガレットの学名です。

3月くらいになると、
マーガレットのポット苗を良く見かけるようになりますが、、、
苗生産部でも今年は少量ですが、作ってみました。





この写真でみると、
大きな鉢花のように錯覚してしまうかもしれませんが、
この苗は、3.5号サイズのポット苗なんです。

3.5号は、直径10.5cmのことなので、
普通のポット苗のサイズです。

そのポットに4号サイズの化粧鉢(白い四角い鉢です)を
かぶせただけで、ちょっと高級感のある鉢花のように見えてしまいます。

3.5号の苗ですが、
摘芯をして、しっかりと作り込んであるので、
ボリューム感がありますよね。

マーガレットの花は、
少し日が長い方が、良く咲きますが、
最低気温が20℃以上になると、逆に咲かなくなってしまいます。

なので、、、
日本では春先が一番マーガレットにとっては、
花を咲かせやすい季節なんです。

これは、
もともと、地中海付近のカナリヤ諸島からやってきた植物なので、
涼しくて、日が長い地中海の夏に近い気候が、
日本の場合は、春にあたるからなんです。

秋は〜?...というと、、、
夏に高温にあたってしまうので、
花がなかなか咲かないうちに、
秋を通り越して、冬になってしまうので、
咲いても、花数が少なくなったりしてしまいます。


植物栽培のポイントは、
その植物がもともと生えていた原生地の気候に
近い環境を作ってあげることが、一番のポイントです!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


糸葉マーガレット鉢上げ

  • 2009/10/26(月) 06:16:17

先日紹介した糸葉のマーガレットの鉢上げをしました。
糸葉マーガレットの記事はこちら
http://naeseisan.dtiblog.com/blog-category-26.html


さっそく、、、
鉢上げの説明です。
(この日は園芸別科花卉専攻の実習でした。)




手前のベンチにおいてある松のような鉢物がマーガレットです。

ちなみに、、、
右側の鉢が植えてから1年くらいたったもので、
左側の鉢は、植えてから3年くらい経過した物です。

右の鉢をアップすると、、、





このマーガレットは、長く育てればより趣のある形になっていきます。
日本人の感性にはピッタリな気がします!



さてさて、、、鉢上げです。




最終的な仕上がりのイメージにあわせて、
いろいろな大きさの苗を組み合わせていきます。





花は白と黄色のコントラストの典型的なマーガレットの花が咲きます。
普通のマーガレットよりも花は小振りですが、
清楚な花であまり主張しないので、
他の花や植物と組み合わせて使うのもいいかもしれませんね。



苗生産ブログを応援してくださる方は、
こちらをクリックしていただけるとうれしいです。